辛い症状が長引く時は精神科の病院を受診しましょう

サイトメニュー

家事の負担を減らしたい

夫婦

電話の無料相談を利用するのもお勧めです

赤ちゃんを授かることは、本来はおめでたいことですが、女性の体は大変デリケートです。妊娠中はホルモンバランスが乱れやすく、悪阻や貧血、体のだるさ、不安感やイライラなどの心身の不調が出やすい時期です。意欲や気力が減退したり、家事の効率が下がる、気分が落ち込むなどのうつの症状が見られることがあります。妊娠4か月を過ぎると、悪阻なども軽減されてくるので、気分が良くなる人もあります。憂鬱な気分が長く続いたり、外出を避けるなどの変化が見られたりする時は、うつ病に罹っている可能性があります。過去に精神疾患で治療を受けた経験のある人は、早めに精神科に通院をすることが大事です。早期に治療を始めることで、辛い症状が改善することも多いです。妊娠中は基本的には、カウンセリングなどの精神療法や行動療法などの治療を行います。妊娠中はなるべく薬を服用しないほうが良いですが、症状が重い時は副作用の少ない、抗うつ剤を処方してくれることもあります。結婚を経験すると、大きく環境が変わるので、身近に信頼できる友人がいない人も多いです。妊娠中は休職をする人も多いので、孤独感を感じやすい傾向があります。母親や姉妹などの出産を経験した人に、話を聞いてもらうことも大事です。身近に頼れる友人や家族がいない時は、無料の電話相談などを利用するのもお勧めします。うつの症状が辛く、家事が捗らないと悩んでいる人は、家事代行サービスなどを利用しましょう。家事の負担を減らしたり、電話相談などを利用したりすることで、負担を減らすことが出来ます。

過去に流産や不育症などを経験している人は、赤ちゃんが育つか不安を感じている人が少なくありません。赤ちゃんを失う恐怖を持っていると、憂鬱な気分になったり、精神的にイライラして、家族にあたってしまうこともあります。男性は生理周期のサイクルがないので、妊娠中の心身の不調を理解するのは難しい傾向があります。配偶者が無理解だったり、身近に頼れる人がいないと、不安や孤独を感じやすい傾向があります。妊娠中は体調が優れないことが多いため、無理をせずに、十分な休息や睡眠を取ることも大事です。不眠が続くと、自律神経のバランスが乱れてしまい、うつの症状が見られることがあります。精神科の病院やクリニックは、心身の不調を感じている人が通院をする所です。清潔で落ち着いた雰囲気になっており、完全個室で診察が受けられます。妊娠中の特有の悩みや不安などを、話しやすい環境が整っています。20代の若い人は、初めて妊娠すると、出産や分娩に関する恐怖心を持っている人が少なくありません。地元で評判の高い産婦人科のクリニックを選ぶと、親切で丁寧な応対の医療スタッフや助産師が在籍をしています。助産師や医師に助言をしてもらうことで、不安感を緩和することも出来ます。うつの症状が重い時は、無理をせずに通院を続けることが大事です。妊娠中期に入ると、胎児が安定してきて流産のリスクも下がってきます。安定期に入ると、無理のない運動をしたり、散歩などをしたりすると気分がリフレッシュします。辛い症状で悩んでいる人は、まずはうつチェックを受けましょう。

早めに精神科を受診する

診察 妊娠中は、普段よりもホルモンバランスが崩れやすく、心身の不調を感じやすくなります。気分の落ち込みやイライラ、抑うつなどのうつの症状が見られることがあります。配偶者に理解が得られなかったり、両親の過干渉なども原因になります。

詳しく見る

いろいろな治療法がある

医者と看護師 妊娠中には今までと体の状態が異なることで、様々な症状を発症してしまうことがあります。例えば、うつ病もその一つです。妊娠中にうつ病を発症してしまったら、ただちに心療内科を受診しましょう。放置していると症状が悪化してしまいます。

詳しく見る

女性特有のトラブルとは

お腹 妊娠中は、ホルモンバランスの変化によってうつ状態になったりすることが多くあります。それは仕方のないことですので、住んでいる地区の運営する窓口に無料相談をしたり、心療内科を受診したりして対応しましょう。

詳しく見る